title_naruminikki

『魂の紀行』 別章 キョウヨアケタゼヨ-17

 

< Everything is O.K. Let’s enjoy. >
 
高い所や狭い所がどうしても苦手、という人がいます。

その原因の多くは、過去に体験したイヤな想い出によるもののようです。

ところが、本人はこの原因を覚えていない場合が多いんですね。

そこで、こうした記憶の奥底にある原因を想い出して、
追体験しながらその時の感情を修正していく、というのが「退行催眠療法」です。

原因となったことが起きた時まで催眠状態のまま遡るのですが、
中には幼少期を通り越して、胎児期にまで辿り着く人もいます。

そして、さらに生まれる前の記憶、
つまり過去生まで遡ってしまう人もいるのです。

ここで初めて「生まれ変わり」という事実を知ることになります。

じつは、私も一度「退行催眠」を経験したことがあります。

大阪にあるO医院で、院長先生による2時間ほどのセッションでした。
 
 

 ー ー ー ー (ここから実況中継です) ー ー ー ー 
 

「今回、このセッションを受ける目的を教えていただけますか?」

「えーと、今世生まれてきた目的を知りたいんですが・・・」

「わかりました。じゃあ、そのことがわかる過去生まで戻りましょう。」

1本のロウソクが灯された薄暗い部屋の中・・・。

アロマの効果もあって、心身がだんだんリラックスしていきます。
 

「今回の人生がもっともよくわかる過去生に戻っています。
地面を感じてください。
・・・どんな地面ですか?」

「・・・たぶん、土です。
乾いてて、草は生えていません。」

「足には何か履いていますか?」

「・・・履いているような。
・・・わかりません。
・・・あ、草履です。」

「下半身は何を着ていますか?」

「・・・時代劇の・・・青い・・・着物をたくし上げているような感じ。
・・・腰にひも。
・・・七分袖です。」

「手には、何か持っていますか?」

「左手に、籐の籠(かご)、右手に煙管(きせる)を持っています。」

「頭には、何かかぶってる?」

「時代劇の笠のような・・・。」

「髪はどんな感じ?」

「ちょんまげ、です。」

「顔の輪郭、特徴は?」

「丸っぽいです。ひげは、ありません。」

「肌の色はどう?」

「肌色で、日焼けはしていません。」

「目の色は?」

「茶色です。」

「体格は?」

「中肉中背。」

「性別は?」

「男です。」

こんな感じで、先生が質問をする度に、からだの特徴などがはっきりしてきます。

「二三郎」という名前で、九州に住んでいたこと。

行商の仕事で、時代は1567年頃であることもわかりました。

旅先で旅行記のようなものを書いていたのは、何だか今世と似ています(笑)。
 

「では、二三郎さんの人生で、今回の人生の目的が
もっともよくわかる場面に移ってください。」

「結構、長生きみたいです。
60歳か・・・80歳くらい?
囲炉裏の前で、あぐらをかいて座っています。
若い頃、行商先の娘さんが一緒に来たがっていたのを、
1人がいいから、と言って断ったみたいです。
そのことを、ちょっと後悔しているのかな。」

「死ぬ場面を通り超して、魂が宙に浮いたら教えてください。」

「はい、全身から抜け出したようです。」

「上から見た二三郎さんの人生と、今世のあなたの人生が、平行に並びます。
それを見て、何か感じることがありますか?」

「あの時と娘さんと、今世で結婚しています。(なんと、奥さまでした!)
家族ができたことも、計画どおりだったみたいです。」

「今いる場所の、上の方はどうなっていますか?」

「とても明るいです。」

「その明るい光に吸い込まれます。
中はどんな感じ?」

「温かいです。」

「では、明るくて温かい光に向かって訊いてください。
私の今回の人生の目的はなに?」

「・・・無償の愛を学ぶこと。」

「無償の愛、とは何ですか?」

「見返りを求めない、与え続けるもの・・・。」

「あなたの人生は、誰が計画したのですか?」

「・・・みんなで、計画したみたいです。
お互いが、人との触れ合いの中で、愛について学ぶ。
無償の愛の対象をどこまで広げることができるか、ということのなのかな。」

「ここまでの人生は順調ですか?」

「はい。Everything is O.K.(すべてのことはO.K.)。」

「光さんに、もうひと言アドバイスをもらってください。」

「Let’s enjoy.(どんどん楽しんでいいよ)」

「光がしっかりと抱きしめてくれます。
その光のエネルギーをしっかりと感じたまま、
もといた安全な場所へ戻ります。
・・・戻りましたか?」

「はい、ありがとうございました。」
 
 

 ー ー ー ー (実況中継ここまで) ー ー ー ー 
 

という感じで、2時間のセッションを、ギュッと凝縮してお届けしました(笑)。

今回の人生の目的は「無償の愛の範囲を、どこまで広げられるか」ということ。

「無償の愛」の象徴が、私の場合は「家族」からだったんでしょうね。

だから、独り身で氣ままに放浪生活をしていた生涯と比較するのが、
もっともわかりやすかった、ということのようです。
 
 

< 「過去生に捉われない」ことの大切さ >

ここまで詳細に過去生レポートをしておきながら、今さらのタイトルでごめんなさい(笑)。

でもこれ、けっこう大切なことなんです。

ヒーリングアーティストのはせくらみゆきさんは、
著書『カルマからの卒業』の中で、過去生について次のように述べています。
 

「宇宙が持っている基本的な資質は、
無限ともいえる同時多発・同時共振の多世界宇宙(マルチユニバース)として成り立っています。
つまり、直線的時空から見たら、それは過去生と呼ばれるものであっても、
共振的時空から見たら、それは別次元、別位相の、
パラレルセルフ(現在進行形のもう1人の自分)ということができるのです。」

「過去というのは、思い出した時にしか現れません。
未来というのも、イメージした時にしか現れません。
ということは、私たちがつかまえられる時空は、「今」この瞬間以外にないということです。」
 

私たちが生きているのは「今、ここ」だけ。

だから、何千、何万とある過去生のどこかにフォーカスしてしまうことが
「捉われ」になってしまっては、本末転倒なのです。

ふだんの生活の中で過去生を想い出せないのも、
そのほうが魂の成長を加速できるということなんでしょうね。
 

では、過去生はどのように捉えたらよいのか?

はせくらみゆきさんは同著の中で次のようにも述べています。
 

・何をしたかではなく、「どのような気持ちだったか」を問われているのだということ。
つまり、実績や成果より、志向、感情の質のほうがより大切だったということ。

・それぞれの生を通して、「愛をどのくらい放ったか」という「愛」が根本テーマのようである。

・過去生が蘇ることで、その当時の生がクリーニングされる(浄化され、光に還っていく)
と同時に、新しい選択、潜在的可能性を表出させていくという意味もある。
 

「何をしたかではなく、どのような気持ちだったかを問われている」というのは、
退行催眠で光の存在からいただいたメッセージ
「Everything is O.K.」(すべてのことは O.K.)
「 Let’s enjoy.」(どんどん楽しみなさい)
にも通じます。

起こった出来事は同じでも、
そのことに対してどんな感情を抱くかということですね。

「すべては O.K.なんだから、どんどん楽しみなさい」
というメッセージの奥深さを、あらためて感じます。
 

そして「愛をどのくらい放ったか」も、光の存在から示された
「無償の愛をどこまで広げられるか」という今世のテーマそのもの。

エジプトでの御神事で、メンバー全員にハートチャクラの覚醒があったことも、
根本テーマが「愛」であることの証であり、
宇宙の大きな愛の現れだったのかもしれません。
(ハートチャクラは、愛に深く関係していると言われています)

第2章 エジプトでの御神事編・まとめと後日談-5参照
 

過去生について、さらに突き詰めていくと、
私たちの魂が創造主の分け御霊であることから、
すべての人の体験が、
すべての存在と情報を共有するためのものである、
という可能性にまで辿り着きます。
 

過去生に捉われずに「今ここ」を生ききる。

過去生の存在は、こうした氣づきを深めるためにこそあるのかもしれませんね。
 
 

追記

過去生については、なかなかひと言では言い表せませんので
(と、言いつつ結構長く書いてしまいましたが(笑))
また機をあらためてお話させていただければと思います。