title_naruminikki

第7章 スペイン・ポルトガルでの御神事編-13

 
今回の旅における最終目的地、ポルトガルのナザレ。

 
DSC00589
 

丘の上に建つ十字架を依り代にしておこなった
「融合・統合・調和」の祈りは、
八芒星の出現をもって、無事完了となりました。

第7章 スペイン・ポルトガルでのご神事編-12
 

この時、あらためて思い浮かんだのが、
この旅におけるそれぞれの役割について。

第7章 スペイン・ポルトガルでのご神事編-7
 

スペインに入ってから、エジプトで預かった
「X」の形っぽい「羽」のようなエネルギーが、
どんどん大きくなっているのは感じていました。

第2章 エジプトでのご神事・本編(前編)-3
 

と同時に、泰平さんの「十」や、長さんの「卍」、
加緒里さんの「花びら」に象徴される各自のエネルギーも、
道中、ますますその存在感が大きくなっていたのです。
 

特に、泰平さんにあらわれる「十」のマークは、
2014年11月11日に台湾・日月潭でのご神事の際、
「真っ白なクロス」の先端(根元?)が
泰平さんにつながっているようにみえた時から、
「十(クロス)」と泰平さんの間に、深いご縁があるように感じていました。

第6章 台湾・日月潭でのご神事-6
 

「じつは、泰平さんは、イエス・キリストの魂と
 深い関係があるようなんです。
 一般的な言い方では、過去生に関係が深いというか」
 

ぜんっぜん「一般的な言い方」ではありませんけど!!
と、こころの中でツッコミを入れながら(笑)
長さんの話の続きを聴きます。
 

「今回の旅は、かつて深いご縁でつながっていた軌跡を、
 マリア様という存在を通じたエネルギーで辿りながら、
 そこに残る『思念』の癒しを祈る旅でもあったんです」
 
 

「X」と「十」に象徴されるマークが、旅の最中、
頻繁にあらわれていたことも、長さんの解説で納得。
 

 X=マリア=女性性のエネルギーの象徴(花びらマークもこちら側)

 十=キリスト=男性性のエネルギーの象徴(卍マークもこちら側)
 

2つのマークを重ね合わせると、
「融合・統合・調和」をあらわす「八芒星」になります。

 
八芒星_珠無
 

「分離」から「融合・統合・調和」へと、
世界は確実に「新しい時代」へ向けて動き出したようです。
 
 

追記1

祈りの旅で何度も登場する「過去生」。

「あるといえばある、ないといえばない」
というのが、自分の基本的な考え方です。
 

過去生についての過去記事は、コチラからどうぞ。

別章 キョウヨアケタゼヨ-17
 
 

追記2

「スペイン・ポルトガルで訪れた先は、
 日本のエネルギー的な要所にも関係していますね」
 

今回の旅でも、ずっと審神者(さにわ)として
「目にみえない世界」のナビゲートを担っていただいた
長典男さんからのひと言をきっかけに、
2015年の夏至から、再びこのメンバーで
日本国内の「要所」をまわることになりました。
 

スイーツ男子の珍道中(笑)は、第8章にて。

 
DSC_0292
 

 第7章 スペイン・ポルトガルでのご神事編 完
 
 
 
 

 セミナー・イベントのスケジュールはコチラから