title_naruminikki

『魂の紀行』 別章 キョウヨアケタゼヨー6

 

< ひいばあちゃんへのヒーリング >
 

I先生の著作との衝撃的な出会いから約1週間後。

実家への帰省を毎週末の楽しみにしていた私は、
さっそくひいばあちゃんに、この本の話をしました。

「ばあちゃん、この本凄いんだよ。からだが熱くなってね、
金粉も出てね、不思議なことも起こらなくなったんだ。」

「ほぉ、それはよかったねぇ。」

「それでね、この本を痛いところにあてると治る、
って書いてあるから、ばあちゃんの腰にあててあげる!」

「それは嬉しいねぇ。」 

久しぶりに会った(と言っても1週間ぶりですが)ひ孫からの土産話を、
何よりも喜んでくれたひいばあちゃん。

内臓はとても丈夫な人でしたが、
若い頃に屋根から落ちたためか、長年慢性の腰痛に悩まされていました。

「じゃあ、ちょっと横になって。痛いところはどこ?」

ひいばあちゃんが指差す場所へ、その本をあてます。

「どうか、ばあちゃんの腰をお願いします。」

初めてこの本を手にした時のようにからだが熱くなり、
本を通じてエネルギーが流れていくのがわかります。

・・・5分ほど経った頃でしょうか。

一瞬本をあてている辺りでコキッと音が鳴ったように感じました。

ばあちゃんも、何だか不思議そうな顔をしています。

「あれま、何だか痛みがないような・・・。
 ん、やっぱり痛くない!本当に治ったんだべか?」

思わず立ち上がったばあちゃん。

曲がっていた腰が、伸びているではありませんか!

「あらぁ、不思議なこともあるもんだのぉ。
 いやぁ、本当に痛くない!
 しゅっちゃん(私のことです)、どうもありがとう。」

御礼を言われたこちらもビックリ!

長年何をしても良くならなかった症状が、
ほんの数分で治ってしまったという事実を目の当たりにして、
それまでの価値観が大きく揺らいでいきました。

「本当に治っちゃった・・・。
 やっぱりこの力は本物だ!
 医者じゃなくても、こんなに簡単に治してあげられる方法があったんだ!!」

この出来事をきっかけに、
I先生への弟子入りを本氣で考え始めました。

しかし、当時はまだ中学生の身・・・(笑)。

とりあえずは、
I先生がエネルギーを交流させたというグッズを何種類か購入してみました。

その中のカセットテープは、ヘッドホンを通して聴くことによって
このエネルギーと交流することができるというもの。

そのまま手をかざすと、そこからエネルギーが流れて
ヒーリングすることも可能になる、とも書かれてありました。

たしかに、そのテープを聴いていると、
からだが熱くなり、手のひらに金粉が出てきます。

ひいばあちゃんの腰が治った時と同じ状態です。
 

「この状態で手をかざしたら、本当に治っちゃうんだろうなぁ。
 ひいばあちゃんみたいに辛い想いをしている人を楽にしてあげたいな・・・。」

このことが数年後に本格的な仕事になるとは、この時はまだ思ってもいませんでした。

『魂の紀行』 別章 キョウヨアケタゼヨー5

 

< 師匠との出会い >
 

中学1年生の夏休み。

不可思議な現象は相変わらず続いていましたが、
起こっていることの意味が理解できてきたこともあり、
精神的にはかなり落ち着きを取り戻していました。

そんなある日、近くの書店で1冊の本と出会いました。

この本の著者が、後にヒーリングの師匠と仰ぐことになるI先生。

今世の人生で大きな意味を持つご縁が繋がった瞬間でした。
 

その本の内容を大まかに紹介すると、

・I先生は、このエネルギーを突然授かった。
(それまでは、普通にサラリーマン生活を送っていたそうです)

・授かった瞬間、異次元の誰かが
「この力を使って人助けをしなさい」
とメッセージを送ってきたと感じた。

・その翌日から、手をかざすだけで病気の人が良くなったり、
仕事や人間関係の悩みが改善されたり、
といったことがどんどん起きるようになった。
(中には金粉が出たり、写真に光が写り込んだりする人たちもいた)

という感じで、
主にI先生が力を授かってから体験したことが書かれていました。

「これは、本当に凄い本だなぁ。
からだも何だか熱くなってきたし・・・」

今まで体験したことのないような熱さが、内側から湧き上がってきます。

中でも特に熱くなった手のひらを見て、驚きました。

なんと、無数の金粉がキラキラと光っているではありませんか!

「あらら、金粉まで出てきちゃったよ・・・。
 これはいったい、どんな力なんだろう?」

しかし、ページを読み進めても
「私にもこの力が何なのかはわかりません」と書いてあるばかり(笑)。

力を授かった当の本人が「わからない」と言っているのですから
これはどうしようもありません・・・。

ただ、実際にいま自分のからだにおこっていることは紛れもない事実。

さらに驚くべきは、
その日から数々の不思議現象がパッタリとなくなってしまったことでした。
 

「もしかしたら、今までずっと探し求めていた答えが見つかるかもしれない。」

こうして中学1年生の夏休みは、生涯記憶に残る想い出となったのです。

『魂の紀行』 別章 キョウヨアケタゼヨー4

 
 
           - お知らせ -

いつも『魂の紀行』をお読みいただきありがとうございます。
この度、同テーマにてセミナーを開催する運びとなりました。
スピリチュアル旅行記に加えて、こころとからだと魂の波動を
高めるコツなども、併せてお話いたします。

 日時:4月22日(火)18時30分~20時15分
 場所:東京都千代田区麹町6-2-1 麹町サイトビル
    船井セミナールーム

 講師:鳴海周平(エヌ・ピュア代表)

 参加費:にんげんクラブ会員 6,000円 / 一般 8,000円

お申し込み・お問い合わせは
 にんげんクラブ TEL 03-6698-9561 FAX 03-5796-2710

詳細はこちらからもご覧いただけます。
 → にんげんクラブホームページ:http://www.ningenclub.jp/


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
 

それでは、今週の『魂の紀行』スタートしましょう!!
 

< 宗教巡りをした中学生時代 >
 

 私の中学時代は、ちょっと(かなり?)変わっていたようです。

 幼少の頃から続く不可思議な体験の意味がどうしても知りたくて
 関連した本(今でいうスピリチュアル本ですな)を読みながら、
 様々な宗教を訪ね歩く日々。

 友達と遊ぶことよりも、そちらに向けるウェイトの方が
 高いわけですから、やっぱりかなり変わっていますよね・・・。
 

 いくつかの宗教で目に見えない世界のことを学ばせていただいた
 おかげで、それまで起こっていた不可思議なことの意味が
 少しずつわかってきました。
 

 ・人間は、こころとからだと魂から成る存在である。

 ・魂だけになった存在は、現世の人間にコンタクトをとってくることがある。

 ・それは「波長」が近いものほど感応しやすく、メッセージ性を伴う場合もある。

 ・メッセージは、時として現世の人間にとって不可思議な現象として捉えられる。
 

 さらに、

 ・魂は何度も生まれ変わり、その過去のすべてを記憶している。

 ・しかし、現世に生まれた時点でその記憶は一時的に忘れてしまう。

 ・それは、現世で起きる出来事を、からだとこころを通して満喫するため。

 ・現世での体験はすべて、自らの魂が計画したプログラムがベースになっている。

 ・人との出会いやタイミングも、事前に相手の魂と決めていることである。

 などなど・・・。
 

 いくつかの宗教をまわって感じたのは、それぞれ表現の違いはあっても、
 けっきょくはどこも同じ真理に辿り着くのではないだろうか、ということでした。

 よく言われる例えは、
 目隠しをした人たちが象を触った時の感想を述べ合っている様子。

 足を触った人は「両手をまわして、やっと届くほどの太さ」と言い、
 耳を触った人は「薄っぺらな座布団みたい」と言い、
 鼻を触った人は「とんでもなく細長い」と言い・・・。

 でも、けっきょくは皆象のことを言っているわけですよね。

 また、山頂まで辿り着くためにの道は何通りもある、という言い方もします。

 近道もあれば、景色を楽しみながらの遠回りもある。
 自転車や車で行くことも出来るし、飛行機が飛んでいるかもしれない。
 でも、けっきょくゴールは同じ山の頂・・・。

 象を触る時は目隠しを外してみると全体のどこを触っているかが見えるし、
 ゴールは山の頂であることが理解できれば、
 そこを目指すためのルートや手段は複数あって当たりまえ、
 ということになるでしょう。
 

 当時訪問した宗教は、どこの教えも本当に素晴らしく、
 納得できるものばかりでしたが、
 けっきょくどこかへ傾倒するまでに至らなかったのは
「ゴールは同じ」という氣づきが大きな理由だったように思います。