title_naruminikki

『魂の紀行』 別章 キョウヨアケタゼヨ-15

 

< 波動(HADO)という考え方との出会い >
 

社長の「鶴の一声」でスタートした社内ベンチャー・輸入事業部。

何を輸入するのかもわからないまま(笑)
「とりあえず、現地に行って情報の収集を。」
という社長命令で中国の広州へ。

1年に2回開催される広州交易会への参加が目的です。

広州交易会は、世界各地からさまざまな商材が集まってくる
中国の一大イベントで、企業の出店数は2万ブースにも及びます。

わかりやすく言うと、
2万軒の露天が並んでいるお祭りのようなイメージ。
(よけい、わかりづらい?)
 

「これだけいろんな物があったら、何か見つかるだろう。」
という、相変わらずお氣楽な考えでまわり始めてみたものの、
なかなか「これ!」といった商材が見つかりません。

当時の本業だった建材の類いも「安かろう悪かろう」といった感じで、
価格の安さよりもリスクの方が氣になってしまいます。

滞在中、何日間も通い詰めましたが、
けっきょくめぼしいものを見つけることはできませんでした。

ただ、何度も通っているうちに
顔見知りになった中国人から、面白いものを貰いました。

「これは仕事には関係ないんだけど、お土産にプレゼントします。」

そう言っていただいたのは
蜂の子をそのまま乾燥粉末にしたという滋養食品。

「これ、僕の元氣のモトね。
中国では2200年以上も昔から、
氣の流れを良くしてくれる食材と云われてます。」

いつもハツラツとしている彼の元氣の源はコレだったんだ!と、思わず納得。

どおりで、いつも元氣なわけです。

いただいた蜂の子を、早速その場で口にしてみました。

たしかに、からだの奥の方から元氣が湧き上がってくるように感じます。

「おっ!コレは凄いかも。」

この出会いがきっかけとなり、
輸入事業部第1弾の仕入れ商品は「蜂の子」に決定(笑)。

「建材屋が健康食品を売るなんて・・・。」

本業とはあまりにもかけ離れた新規事業に、
役職員の多くはあまり乗り氣ではありませんでしたが、
1年間の準備期間を経て、何とかスタートに漕ぎ着けることができました。
 

社内ベンチャーとして、蜂の子の健康食品販売をスタートした翌年。

経営指導の神様と呼ばれていた、
経営コンサルタントの舩井幸雄先生とご縁をいただきました。

舩井先生は当時「直感力研究会」という、
目に見えない世界を探求する勉強会を開催していて、
私も会員として参加させていただけることになったのです。
 

船井先生 (1)
直感力研究会のツアーで訪れた明智平で、舩井幸雄先生と。

 
ヒーリングなどを通じて目に見えない世界を探求してきた私にとって、
ここで学ぶ内容は毎回とても興味深いことばかり。

中でも「波動」という概念は、自然界の摂理(宇宙の法則)そのものだと感じました。
 

「波動の4原則」
 1 同じものは引き合う
 2 違うものは排斥し合う
 3 出した波動はフィードバックされる
 4 波動には優劣があり、優位の波動は劣位の波動をコントロールできる
 

波動とは、生命やモノを構成する最小単位であり、源(エネルギー)。

原子レベルで発生する、物質固有の微弱磁場とも考えられるものです。

この波動を測定できる人がいる、と舩井先生から紹介いただいたのが、
波動測定者の山梨浩利さんでした。

山梨さんは、長年大手食品メーカーの研究開発に携わってきた中で、
波動測定者としての素質を見出され、
さまざまな実験において波動の存在を証明。

科学者が公に認めた波動測定者です。

舩井先生も定期的に波動測定を受けていらっしゃる、とのことでした。
 

山梨さん曰く、波動測定では主に3つのことがわかるそうです。

 1 こころとからだの健康チェック
 2 物体の波動性計測
 3 物体どうし、人と物体の相性計測

これらを知る方法としては「O-リングテスト」が有名ですが、
波動測定は、この「O-リングテスト」を数値化したものと言えるかもしれません。

私も実際に体験してみて、その正確さに驚きました。

山梨さんは、何の前情報もない状態で、
ただ淡々と測定をしていくだけなのですが、健康状態はもちろん、
持ち込んだサンプル品の特性がどんどん数値で明らかになっていくのです。

「これは、目に見えない世界がわかる凄いツールかもしれない!」
 

山梨さんとの出会いをきっかけに、
蜂の子の健康食品は新たなステージに進むことになりました。

波動測定でわかる「物体の波動性」と「物体どうし、人と物体の相性」から、
波動の高い健康食品を開発する、という試みです。

こうして平成13年からスタートした
「波動の高い製品づくり」は、新しい事業部の柱となり、
エヌ・ピュアとして独立起業した現在に至っているのです。
 

P4180026
山梨さんによる波動測定の様子。
原料単体の測定後、相性や配合比率を測定し、もっとも波動の高い状態を探っていきます。

 
 
  ~ エヌ・ピュア健幸茶話会のご案内 ~

「こころとからだと魂のHADO(波動)」を高める方法
などについてエヌ・ピュア代表の鳴海周平がお話します。

 ※少人数での開催ですので、完全予約制となります。
  お申し込み時点で既に満席の場合はご了承ください。

日時(2014年開催スケジュール)
 7月16日(水)14:00~15:30・・・満席(キャンセル待ち受付中)
 8月20日(水)14:00~15:30・・・満席(キャンセル待ち受付中)
 9月17日(水)14:00~15:30・・・満席(キャンセル待ち受付中)
10月15日(水)14:00~15:30・・・満席(キャンセル待ち受付中)
11月19日(水)14:00~15:30・・・満席(キャンセル待ち受付中)

『魂の紀行』 別章 キョウヨアケタゼヨ-14

 

< ヒーリングから離れた20年間 その3 >
 
東京から北海道へ戻った私を待っていたのは、なんと銀行員生活でした。
 
「お前は経済のことを何も知らないから
戻って来る前にお金の勉強をして来なさい。」

典型的なコネ入社・・・。

でも、入ったからには頑張りましたよ。

朝は7時に出社して帰宅は10時過ぎ。

1円でも合わなければ永遠に帰れない、という厳密さの中、
お昼ご飯を食べる間も惜しんで得意先回りと新規開拓に努めました。

テレビドラマ「半沢直樹」の世界です・・・。

ただ、それまで自由業のように暮らしていましたから、
こういうきっちりした仕事は正直なかなかしんどい(笑)。

ストレスチェックをしたら、おそらく相当な数値だったでしょう。
 
 
そんな中、平成6年12月24日に現在の奥さまと入籍。

2年間の銀行員生活を無事終えることができたのも、
こころの込もった温かい手料理と優しい笑顔のおかげだと思います。

え、「ノロケてますか」ですって?

はい、ノロケてますけど、それが何か?(笑)
(ちなみに、今年は結婚20周年です)
 
 
SKMBT_C20314060912500
銀行員時代。真面目に仕事してる感じでしょ?
 

平成8年春。
家業を継ぐ為に、実家のある道南へ引っ越しました。

中学1年生で家を出て以来、12年ぶりに住む生まれ故郷。

奥さまと一緒に、新しい生活のスタートです。
 
 
実家はもともと人口4,000人ほどの田舎町で
製材業を営んでおり、需要に応じて事業を広げながら、
従業員300名ほどの建築・土木の総合商社に成長していました。

「先ずは、原点の製材工場から経験してみるといい。」

社長でもある父のアドバイスで、木材を加工する工場へ配属決定です。

銀行でのスーツ姿は作業着へと替わり、
デスクワークが肉体労働になりました。

2年目は製材や建材を現場へ配達する4トン車の運転手。

3年目は建築・土木資材を業者さんに販売する営業マン。

配属先こそ毎年違うセクションでしたが「石の上にも3年」とはよく言ったもの。

会社の全体像が何となく見えてきました。
 
 
そして迎えた4年目(平成11年)。

北海道主催の「中国視察ツアー」から戻った社長から1つの提案がありました。

「これからは、中国にも足がかりを作っておく必要があると思う。
先ずは、ウチの会社で扱えそうなモノを仕入れて売ってみたい。
新しいセクションの責任者として、やってみる氣はあるか?」

いきなりの中国進出宣言!

しかも、何を仕入れるかもわからないのに、
責任者やってみるか?って、あなた・・・(笑)。

が、しかーし!
この時、私は何の躊躇もなく引き受けてしまったのです。

それも、かなりノリノリで。

今思えば、この時の「ワクワク感」は
今生での計画を指し示す道しるべだったのでしょうね。

こうして平成11年に社内ベンチャーとして立ち上がった輸入事業部が、
後々エヌ・ピュアの前身になるとは、この時まだ思ってもいませんでした。
 
 
追記

平成8年春から住み始めた故郷の住宅。

引っ越してすぐに住居のヒーリングをおこないました。

すると翌日、2階の床のあちらこちらに金粉が・・・。

とりあえず掃除機で吸ってみましたが(笑)、
翌日も、そのまた翌日も、金粉は現れ続けました。

たしか、1週間ほどで収まったように記憶していますが、
その頃はタンスの中の服にも金粉がついていたり、
手に七色の金粉が現れたり、と金粉ショーさながらの状態でした(笑)。

そうそう、子供たちが生まれた時も、顔に金粉がついていたんですよ。

おかげさまで2人とも、とてもおめでたい感じに育っています(笑)。
 
 
  ~ エヌ・ピュア健幸茶話会のご案内 ~

「こころとからだと魂のHADO(波動)」を高める方法
などについてエヌ・ピュア代表の鳴海周平がお話します。

 ※少人数での開催ですので、完全予約制となります。
  お申し込み時点で既に満席の場合はご了承ください。

日時(2014年開催スケジュール)
 7月16日(水)14:00~15:30・・・満席
 8月20日(水)14:00~15:30
 9月17日(水)14:00~15:30
10月15日(水)14:00~15:30
11月19日(水)14:00~15:30

『魂の紀行』 別章 キョウヨアケタゼヨ-13

 

< ヒーリングから離れた20年間 その2 >
 
I先生の密葬からの帰路、思わぬ形でご縁をいただいた東京のY先生。
 

佐賀空港までのバスの中、東京までの飛行機の中、そして羽田空港での夕食と、
ほんの数時間の間にすっかり打ち解けてしまった私たちは、
3月に東京でおこなわれるI先生の社葬での再会を約束して別れました。

そして迎えた3月。

社葬の席でY先生から思わぬ提案を受けます。

「よかったら、7月にオープンするウチのクリニックに来ない?
 住むところも用意しておくから!」

ここで流れに逆らわないのが、私のポリシー(笑)。

「はい、私でよければ喜んで!」

こうして平成5年7月から東京高田馬場Yクリニックで、
事務長兼腰痛専門の整体師として勤務することになりました。

思えば、幼少の頃から抱いていた
「医者」という夢のきっかけは、ひいばあちゃんの腰痛。

ご縁というのは、本当に面白いものです。
 

東京での日々は、本当にあっという間でした。

整体師と事務職を兼業しながら、合気道や呼吸法の道場に通う毎日。

Y先生と先輩の整体師さんが教えてくれる「からだの仕組み」や、
道場で学ぶ「氣の概念」は、ヒーリングで心身が癒されていく仕組みを知りたい、
という想いを徐々に満たしてくれました。

「このままずっとウチで働いてくれたらいいのに。
 夜間でよければ大学にも通えるし。」

Y先生からのありがたい言葉。

いつものように、流れのまま受け入れたい氣持ちは山々です。

しかし、22歳になった私は、正直、これからの進路について決めかねていました。

北海道の実家が営む家業を継いでほしい、と、もうずっと言われ続けていたのです。

「このまま東京で勉強を続けていたいけど・・・。」

魂の声に耳を澄ませた結果、
お世話になったY先生のもとを翌春で退社することに決めました。

スタッフの方々とも仲が良かった分、名残惜しい想いが募ります。
 
SKMBT_C20314060912490
Y先生のもとで整体師をしていた頃。
 

平成6年春。
北海道に戻った私を待っていたのは、なんと銀行員生活でした・・・。
 
 
~ 直近のセミナーご案内 ~

2014年6月18日(水)14:00~16:30
 エヌ・ピュア主催「健幸セミナー」
 場所:TKPビジネスセンター(札幌市中央区北3西3)
 講師:鳴海周平/村松祐羽/山梨浩利
 参加費:2,000円(事前予約)2,500円(当日)
 お申し込み エヌ・ピュア 0120-8739-85
  https://www.facebook.com/events/1417828328490825/?ref_dashboard_filter=upcoming
 

  ~ エヌ・ピュア健幸茶話会のご案内 ~

「こころとからだと魂のHADO(波動)」を高める方法
などについてエヌ・ピュア代表の鳴海周平がお話します。

 ※少人数での開催ですので、完全予約制となります。
  お申し込み時点で既に満席の場合はご了承ください。

日時(2014年開催スケジュール)
 7月16日(水)14:00~15:30
 8月20日(水)14:00~15:30
 9月17日(水)14:00~15:30
10月15日(水)14:00~15:30
11月19日(水)14:00~15:30