title_naruminikki

『魂の紀行』 別章 キョウヨアケタゼヨ-18

 

< 人類総神籬(ひもろぎ)の時代へ >
 
前回のテーマ「過去生」でも紹介させていただいた
ヒーリングアーティストのはせくらみゆきさん。

出会いは2010年4月。

宝塚劇場前の「花のみち」で、ちょうど桜が満開の時期でした。
 

_DSC124
 

しばらくスピリチュアルな世界から遠ざかっていた私は
「鳴海さんとは、一緒にシャーマンやってたよねー。」
という、みゆきさんからのカウンターパンチで
長い眠りから目を覚ましました(笑)。

以来、『魂の紀行』の序編から「Mさん」としてご登場いただいているように、
ソウルメイトとしての濃ーいお付き合いが続いています。
 

世界をまわって御神事をさせていただくようになったのも、
2012年7月17日にみゆきさんを通して、
あの開祖さんからメッセージを受け取ったことがきっかけです。
序章-1参照
 

「鳴海さんに『神籬(ひもろぎ)となれ』って言ってるよ。」

「えっ、ピロロギって何ですか?・・・あ、ピロシキ?」

「(笑)ひ・も・ろ・ぎ!
神様が降りてくる木とかのことで、
依り代(よりしろ)っていう意味もあるかな。」

「そんな恐れ多いことには、ぜんぜん興味ないんですけど。」

「そんなこと言ってたら、また叱られるよ(笑)。」
 

また叱られる・・・。

そうなんです。

じつは、この直前にこんなやり取りがあったのでした。
 

(場所は京都の下鴨神社。
トランス状態となったみゆきさんが話しています)

「いよいよ、世の立て替え、立て直しじゃ。覚悟は出来ておるか!!
その役を担うべき時が来た。覚悟は出来ておるか!?」
 

最初は何が起きているのかよくわからず、
一緒にいたAさんと2人で呆然としていたのですが、
だんだんと事態が読み解けてきました。

今から70年ほど前にこの世を旅立ったある宗教団体の開祖さんが、
みゆきさんを通じてメッセージを送ってきていたのです。

・このタイミングでこの場所にいることは既に決められていた。
・世の立て替え、立て直しをする準備は整った。今からが本番。
・今後様々な場所で様々な縁(エネルギー?)を繋いでほしい。

約10分間続いたこうしたメッセージに、私はなかなか応えられずにいました。

ヒーリングから離れて20年以上の歳月が経っており、
スピリチュアルな感性が少し鈍っていたのかもしれません。

そんなどっちつかずの態度に業を煮やしたのか、
みゆきさん(に降りた開祖さん)は、私の頭のてっぺんを押さえつけながら、
近くの大きな木の下へ連れて行きました。

「やるのか、やらぬのか!」

厳しさの中にも優しさが感じられる「愛」に満ちた波動・・・。

トランス状態に陥っているみゆきさんを通して、私たち2人は誓いを立てました。

「はい、わかりました。私たちでよろしければ、一緒にお役を果たさせてください。」
 

・・・と、まあこんなやり取りがあったのです。

みゆきさんに「また叱られるよ」と笑われたわけ、おわかりいただけました?

(ちなみに、神様が罰をあてることはありませんから、
ここでの「叱られる」は「氣づきを促す」というニュアンスでご理解ください)

何はともあれ、みゆきさんとの出会いは、
20年ぶりにスピリチュアルな感性を取り戻す大きなきっかけとなったのです。
 

「役割って、自分では氣づきづらいものみたい。
私たちがチームを組んでいる意味も、じつはそこにあると思う。
ナルミン(と呼ばれてます)には
「大地を癒せ、地球を癒せ」っていうメッセージが、ずっと来ていたと思うよ。
人と大地を通して、地球を癒す「アース・ヒーラー」という御役目なんだと思う。」
 

「アースヒーラー」という言葉を教えてくれたのは、
鳴門やエジプトの御神事でもご一緒したYさん。

天性の歌声を持つ歌姫で、
見えない世界からのメッセンジャーでもあります。
 

みゆきさんが教えてくれた「神籬(ひもろぎ)」も、
Yさんが教えてくれた「アースヒーラー」も、
天と地の間のエネルギーを媒介する役。

でも、これは本来「人間」すべてがその役割を担っているのです。
(「人」は天と地の「間」にいますから)

つまり、神籬(ひもろぎ)もアースヒーラーも、特別な役割ではなく
「エネルギーの媒介」という人間本来の姿への「氣づき」を促す一時的な先導役のようなもので、
過渡期においての必要な役割を、導かれるまま行なっているに過ぎません。

だから現在のスタイルは、ヒーリングをさせていただく場所も、
タイミングも、出会いも、すべてご縁にお任せ。

スケジュールが空いていれば、チームメンバーと共に御神事を行なったり、
ご依頼に応じてセミナーや講演に伺っています。

開祖さんからのメッセージにあった「場のご縁繋ぎ」は、
こうして訪ねた先の場のエネルギーと、そこに集う人々のエネルギー、
そして、これまでにご縁をいただいたエネルギーが交流することで、点から線、線から面へと
「新しい時代(人類総神籬の時代)」に向けてのエネルギーフィールドが
形創られていくことを表しているのではないかと思います。
 

花々(場)を飛び回るミツバチ(媒介者)が、花粉(エネルギー)を運ぶように。

そして、エネルギーの交流による受粉(氣づき)によって
実(新しい時代)がなる(成る)ように・・・。

「キョウヨアケタゼヨ」のメッセージが示す「夜明け」「世開け」の時代(人類総神籬の時代)は、
もうすでに始まっているのです。
 
 

別章 キョウヨアケタゼヨ 完
 
次回より、第3章 九州での御神事編となります。
スタートは10月上旬からの予定です。

 
 
  

『魂の紀行』 別章 キョウヨアケタゼヨ-17

 

< Everything is O.K. Let’s enjoy. >
 
高い所や狭い所がどうしても苦手、という人がいます。

その原因の多くは、過去に体験したイヤな想い出によるもののようです。

ところが、本人はこの原因を覚えていない場合が多いんですね。

そこで、こうした記憶の奥底にある原因を想い出して、
追体験しながらその時の感情を修正していく、というのが「退行催眠療法」です。

原因となったことが起きた時まで催眠状態のまま遡るのですが、
中には幼少期を通り越して、胎児期にまで辿り着く人もいます。

そして、さらに生まれる前の記憶、
つまり過去生まで遡ってしまう人もいるのです。

ここで初めて「生まれ変わり」という事実を知ることになります。

じつは、私も一度「退行催眠」を経験したことがあります。

大阪にあるO医院で、院長先生による2時間ほどのセッションでした。
 
 

 ー ー ー ー (ここから実況中継です) ー ー ー ー 
 

「今回、このセッションを受ける目的を教えていただけますか?」

「えーと、今世生まれてきた目的を知りたいんですが・・・」

「わかりました。じゃあ、そのことがわかる過去生まで戻りましょう。」

1本のロウソクが灯された薄暗い部屋の中・・・。

アロマの効果もあって、心身がだんだんリラックスしていきます。
 

「今回の人生がもっともよくわかる過去生に戻っています。
地面を感じてください。
・・・どんな地面ですか?」

「・・・たぶん、土です。
乾いてて、草は生えていません。」

「足には何か履いていますか?」

「・・・履いているような。
・・・わかりません。
・・・あ、草履です。」

「下半身は何を着ていますか?」

「・・・時代劇の・・・青い・・・着物をたくし上げているような感じ。
・・・腰にひも。
・・・七分袖です。」

「手には、何か持っていますか?」

「左手に、籐の籠(かご)、右手に煙管(きせる)を持っています。」

「頭には、何かかぶってる?」

「時代劇の笠のような・・・。」

「髪はどんな感じ?」

「ちょんまげ、です。」

「顔の輪郭、特徴は?」

「丸っぽいです。ひげは、ありません。」

「肌の色はどう?」

「肌色で、日焼けはしていません。」

「目の色は?」

「茶色です。」

「体格は?」

「中肉中背。」

「性別は?」

「男です。」

こんな感じで、先生が質問をする度に、からだの特徴などがはっきりしてきます。

「二三郎」という名前で、九州に住んでいたこと。

行商の仕事で、時代は1567年頃であることもわかりました。

旅先で旅行記のようなものを書いていたのは、何だか今世と似ています(笑)。
 

「では、二三郎さんの人生で、今回の人生の目的が
もっともよくわかる場面に移ってください。」

「結構、長生きみたいです。
60歳か・・・80歳くらい?
囲炉裏の前で、あぐらをかいて座っています。
若い頃、行商先の娘さんが一緒に来たがっていたのを、
1人がいいから、と言って断ったみたいです。
そのことを、ちょっと後悔しているのかな。」

「死ぬ場面を通り超して、魂が宙に浮いたら教えてください。」

「はい、全身から抜け出したようです。」

「上から見た二三郎さんの人生と、今世のあなたの人生が、平行に並びます。
それを見て、何か感じることがありますか?」

「あの時と娘さんと、今世で結婚しています。(なんと、奥さまでした!)
家族ができたことも、計画どおりだったみたいです。」

「今いる場所の、上の方はどうなっていますか?」

「とても明るいです。」

「その明るい光に吸い込まれます。
中はどんな感じ?」

「温かいです。」

「では、明るくて温かい光に向かって訊いてください。
私の今回の人生の目的はなに?」

「・・・無償の愛を学ぶこと。」

「無償の愛、とは何ですか?」

「見返りを求めない、与え続けるもの・・・。」

「あなたの人生は、誰が計画したのですか?」

「・・・みんなで、計画したみたいです。
お互いが、人との触れ合いの中で、愛について学ぶ。
無償の愛の対象をどこまで広げることができるか、ということのなのかな。」

「ここまでの人生は順調ですか?」

「はい。Everything is O.K.(すべてのことはO.K.)。」

「光さんに、もうひと言アドバイスをもらってください。」

「Let’s enjoy.(どんどん楽しんでいいよ)」

「光がしっかりと抱きしめてくれます。
その光のエネルギーをしっかりと感じたまま、
もといた安全な場所へ戻ります。
・・・戻りましたか?」

「はい、ありがとうございました。」
 
 

 ー ー ー ー (実況中継ここまで) ー ー ー ー 
 

という感じで、2時間のセッションを、ギュッと凝縮してお届けしました(笑)。

今回の人生の目的は「無償の愛の範囲を、どこまで広げられるか」ということ。

「無償の愛」の象徴が、私の場合は「家族」からだったんでしょうね。

だから、独り身で氣ままに放浪生活をしていた生涯と比較するのが、
もっともわかりやすかった、ということのようです。
 
 

< 「過去生に捉われない」ことの大切さ >

ここまで詳細に過去生レポートをしておきながら、今さらのタイトルでごめんなさい(笑)。

でもこれ、けっこう大切なことなんです。

ヒーリングアーティストのはせくらみゆきさんは、
著書『カルマからの卒業』の中で、過去生について次のように述べています。
 

「宇宙が持っている基本的な資質は、
無限ともいえる同時多発・同時共振の多世界宇宙(マルチユニバース)として成り立っています。
つまり、直線的時空から見たら、それは過去生と呼ばれるものであっても、
共振的時空から見たら、それは別次元、別位相の、
パラレルセルフ(現在進行形のもう1人の自分)ということができるのです。」

「過去というのは、思い出した時にしか現れません。
未来というのも、イメージした時にしか現れません。
ということは、私たちがつかまえられる時空は、「今」この瞬間以外にないということです。」
 

私たちが生きているのは「今、ここ」だけ。

だから、何千、何万とある過去生のどこかにフォーカスしてしまうことが
「捉われ」になってしまっては、本末転倒なのです。

ふだんの生活の中で過去生を想い出せないのも、
そのほうが魂の成長を加速できるということなんでしょうね。
 

では、過去生はどのように捉えたらよいのか?

はせくらみゆきさんは同著の中で次のようにも述べています。
 

・何をしたかではなく、「どのような気持ちだったか」を問われているのだということ。
つまり、実績や成果より、志向、感情の質のほうがより大切だったということ。

・それぞれの生を通して、「愛をどのくらい放ったか」という「愛」が根本テーマのようである。

・過去生が蘇ることで、その当時の生がクリーニングされる(浄化され、光に還っていく)
と同時に、新しい選択、潜在的可能性を表出させていくという意味もある。
 

「何をしたかではなく、どのような気持ちだったかを問われている」というのは、
退行催眠で光の存在からいただいたメッセージ
「Everything is O.K.」(すべてのことは O.K.)
「 Let’s enjoy.」(どんどん楽しみなさい)
にも通じます。

起こった出来事は同じでも、
そのことに対してどんな感情を抱くかということですね。

「すべては O.K.なんだから、どんどん楽しみなさい」
というメッセージの奥深さを、あらためて感じます。
 

そして「愛をどのくらい放ったか」も、光の存在から示された
「無償の愛をどこまで広げられるか」という今世のテーマそのもの。

エジプトでの御神事で、メンバー全員にハートチャクラの覚醒があったことも、
根本テーマが「愛」であることの証であり、
宇宙の大きな愛の現れだったのかもしれません。
(ハートチャクラは、愛に深く関係していると言われています)

第2章 エジプトでの御神事編・まとめと後日談-5参照
 

過去生について、さらに突き詰めていくと、
私たちの魂が創造主の分け御霊であることから、
すべての人の体験が、
すべての存在と情報を共有するためのものである、
という可能性にまで辿り着きます。
 

過去生に捉われずに「今ここ」を生ききる。

過去生の存在は、こうした氣づきを深めるためにこそあるのかもしれませんね。
 
 

追記

過去生については、なかなかひと言では言い表せませんので
(と、言いつつ結構長く書いてしまいましたが(笑))
また機をあらためてお話させていただければと思います。

 
 
 

『魂の紀行』 別章 キョウヨアケタゼヨ-16

 

< エヌ・ピュアとして独立開業 >
 
「波動の高いものは、自然の摂理に適ったもの。
自然そのものが、もっとも波動の高い状態です。」

という山梨さんの言葉にとても共感を覚えたのは、
長年携わってきたヒーリングと、考え方がまったく同じだったからでしょう。

実際、ヒーリングをしていると、自然界との繋がりを感じます。

すべてが繋がっていて、すべてが溶け込んでいるような感覚。

ヒーリングの本質は
「みんな自然界の一部(創造主の分け御霊(みたま))」
という氣づきそのものなので、自然の摂理に適ったものほど波動が高い、
という考え方は、とてもしっくりきたのです。

採れたての旬の食べものが美味しいことや、
絹や綿、麻などの自然素材で作った服が氣持ちいいこと、
山や海に出かけると氣分が晴れやかになることも、
自然の摂理に適った波動の高いものを本能で感じているからなんでしょうね。
 

平成13年から山梨さんに製品開発をお願いしているのは、
波動の高い製品をご縁のある方々にお届けしたい、という想いから。

1人ずつヒーリングをしていくことには限界があるかもしれませんが、
波動の高い製品を通じての癒しであれば、
より多くの人に喜んでもらうことができます。

「波動の高い製品を通じて、心身の健康に貢献する」
という経営方針は、こうした想いが原点になっています。

 
同じ時期、地元に近い函館市で情報誌を発刊していた出版元から、
健康について記事連載のオファーがありました。

お医者さんの立場ではなく、
ヒーリングや医療機関での勤務経験から、
わかりやすい健康情報を書いてほしい、という提案です。

ちょうど、地元ラジオ局からも同じようなオファーがあったばかりだったので、
半強制的に勉強する良い機会だと思い(笑)、両方とも引き受けました。

(こんな機会でもなければ、勉強しませんので・・・)

あれから十数年。

連載とラジオは「こころとからだの健康タイム」として、現在も続いています。
 

こころとからだの健康タイム・連載編
 http://npure.co.jp/bunbun/rensai
 
こころとからだの健康タイム・ラジオ編
 http://npure.co.jp/bunbun/media
 
 

radio_03[1]
ラジオ番組収録中です。

 

山梨さんの開発製品は、世界的な品質選考会モンドセレクションでも
高い評価をいただき、多くのメディアにも紹介されるようになりました。

お客様からいただく喜びのお声も日を追うごとに増え、
事業部の業績も伸び続けました。

ところが、平成21年3月。思いも寄らない事態が発生します。

我が事業部も所属していた親会社(家業)の倒産です。

しかも、危ないと知らされたのは倒産の3日前!

他の役員と一緒に金融機関をまわりましたが、さすがに時間が無さ過ぎました。

グループ十数社も連鎖倒産、負債総額は数十億円・・・。

セクションが違っていたとはいえ、自分も創業家の一員です。

預貯金は差し押さえられ、自宅も車も競売に出されました。

迷惑をかけてしまった方々への謝罪、弁護士や裁判所とのやり取りなど、
倒産後の後始末に追われながら、家族と事業の今後を考える日々・・・。

今振り返っても、心身共にかなりハードな状況でしたが、
周りも驚くほど平静でいられたのは、
「すべて流れの本筋で起きたことである」と理解できていたからでしょう。

倒産から半年後、
債権者の方々の理解と弁護士さんの尽力によって、
事業部を譲渡してもらえることが決定しました。

心機一転、株式会社エヌ・ピュアとしての独立開業です。

山梨さんが研究開発してくれた高波動製品は、
こうして新会社へそのまま移行され、
お客様にも引き続き提供していけることになりました。
 
 
追記

エヌ・ピュア独立開業までの経緯は、シンクロニシティの連続でした。

タイミング、出会い、お金の流れなど、
どれかが少しずれても、独立開業は実現しなかったでしょう。

だから、エヌ・ピュアという会社も、
波動を高めてくれる製品も、
すべて「天からの預かりもの」だと思っています。

預かりものなので、ご縁のある方々へたいせつに製品をお届けし、
きちんと御役を果たすべく出来る限りのことはさせていただきますが、
その御役が終わった時には、会社も製品も自然の摂理の中で淘汰されていくのだと思います。

「ユルいなぁ」と言われるほど、無理をしない「ほどほど」の経営スタイルは、
こうした想いが根幹にあるからかもしれませんね・・・。(笑)

ご縁ある人たちのところへ、ご縁ある製品が運ばれていく。

そして、届いた製品がその方の波動を高めるお役に立つことで、
潜在意識の奥底にある集合意識から、地球全体、宇宙全体にもその波動が広がっていく・・・。

何かに「依存」することも「偶像」にすがることも必要のない新しい時代の到来。

エヌ・ピュアは、その過渡期を「橋渡し」するような御役なのだと感じています。

エヌ・ピュア製品に限らず、波動の高いものには、こうして全体の波動を高め、
愛と希望に満ちた新しい時代へと誘う御役があるように思います。
 
 
  ~ エヌ・ピュア健幸茶話会のご案内 ~

「こころとからだと魂のHADO(波動)」を高める方法
などについてエヌ・ピュア代表の鳴海周平がお話します。

 ※少人数での開催ですので、完全予約制となります。
  お申し込み時点で既に満席の場合はご了承ください。

日時(2014年開催スケジュール)
 7月16日(水)14:00~15:30・・・満席(キャンセル待ち受付中)
 8月20日(水)14:00~15:30・・・満席(キャンセル待ち受付中)
 9月17日(水)14:00~15:30・・・満席(キャンセル待ち受付中)
10月15日(水)14:00~15:30・・・満席(キャンセル待ち受付中)
11月19日(水)14:00~15:30・・・満席(キャンセル待ち受付中)